脇汗の黄ばみの原因、どうやって改善する?


脇汗が原因で、服の脇の部分に黄ばみが出来てしまうことがあります。これは脇汗の中の成分が原因となっています。
脇は汗腺の中でもアポクリン腺の数が多い場所なのですが、アポクリン腺から出る汗にはたんぱく質や脂質、アンモニアなどが含まれていて脇汗の原因になってしまいます。さらにその中にリポフスチンという色素が含まれています。この色素の影響によって、服の脇の部分に黄ばみが出来てしまいます。
アポクリン腺から出る汗に含まれているのはリポフスチンだけではありません。汗の元となる血液の血漿の中に含まれている鉄分も一緒に汗として排出されている可能性がありますが、この鉄分も服に黄ばみを作ってしまう原因です。
また、脇汗が多かったりその臭いが気になると、まずは制汗剤を使ってみるという人が多いと思いますが、その制汗剤が自分の体質とあっていない時にも黄ばみが出来てしまうことがあります。制汗剤の成分と汗とが化学変化を起こしてしまい、黄ばんでしまうというのです。制汗剤の使用を一度やめてみて、黄ばみが起こらないようになった場合には制汗剤が原因となっている可能性が高いです。
改善の方法としては、脇汗パットや脇汗パットがついているインナーを利用するのが一番手軽です。黄ばみの原因となる汗が直接洋服に付くのを防ぐことができますので、大切な洋服を守ることができます。また、黄ばみの原因は汗の成分が問題となっていますので、食事の内容を脂質やタンパク質を少なめにし、野菜中心のものに変えていくのも改善効果が期待できる方法です。

脇汗対策ケア商品はこちらをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です